留学?ワーホリ?お金も語学力もない元OLが夢の海外生活を実現させた方法

一度きりの人生、せっかくだから海外生活をしてみたいけど、

 

「海外に住んでみたいけど、語学留学ってお金かかるよね…」

 

「英語できないし、他の語学もできない…旅行はいいけど、住むのは無理かなぁ…」

 

「海外で就職ってハードル高すぎる…」

 

あなたはこんな風に思っていませんか?

 

私もそうでした。

海外生活ってあこがれるけど、言葉も話せないし、貯金もない。
思い切って今の仕事を辞めて数ヶ月程度の留学に行っても、帰国後のデメリットの方が大きいと考えていました。

今回は、そんな私が新卒で入った広告代理店を辞め、どうしても住んでみたかった韓国で日本語教師と言う道を選んだ経緯をお話しします。

 

 

韓国に住む方法を考えてみた

夢の海外生活

語学留学

恐らく、海外に住んでみたい・語学を勉強したいと思う人が真っ先に考えるのは、「語学留学」ではないでしょうか?

 

資金に余裕がある人は、さっくり旅行代理店などを通して語学留学をしてしまうのが一番の近道です。

 

しかし当時、私は広告代理店に勤めているとはいえ、一人暮らしの新卒給料では貯金もあまりできず、何年も留学する資金がなかったので、早々に断念しました。

 

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーには、語学学校も行けるしバイトもできるというメリットがあります。

ただ当時の私はほぼ韓国語がわからない上に、韓国は日本と比べて随分アルバイト代が安かったので、最終手段にしようと考えていました。

 

現地で就職

日本での職種と同じものを見つけられたら、キャリアを捨てることもなく、堂々と海外に住める!海外就職エージェントもあるし、条件が合えば、一番ベストな方法です。

 

ただ、正直言って、一番ハードルが高い選択肢です。

 

語学留学やワーホリ後などで語学に自信が持てる場合はよいのですが、私はお金も語学力もないへなちょこOLです。

 

あおこ
あ、無理やわ…(瞬殺)

そこで、韓国語ができない私が見つけたのは「日本語教師」という職業でした。

 

 

「日本語教師」になれば、“日本語”で働ける!

 

 

しかも、韓国以外でも働けるし、特にアジア圏なら日本語の需要は結構あります。もちろん日本に帰国してからも、別の国に行きたいなーと思った時でも、非常に心強い職業なのです。

 

「よし、日本語教師になろう」

 

と秒速で決意しました。

 

仕事を辞めてキャリアチェンジする不安

多くの方が、「今の仕事のキャリアを捨てるのはリスクが高すぎる」と感じるのが普通です。私も、就職氷河期と言われる時代に運よく希望の業界に入れて、好きな仕事をしていたので、不安に思わなかったことはありません。

 

永住希望の方は特に気にすることはないですが、私のように数年の海外生活経験が欲しいと思っていて、帰国後また元の職種に戻る場合でも、

 

「20代のうちに海外経験が欲しかったので、直接、韓国の現地企業に応募し、○年間 働いていました。」

 

とアピールすれば、ブランク期間を不利にするどころか、「行動力がある」と評価されます。

実際に私でも帰国後の面接でそのような評価をいただき、国内再就職も成功したので、20~30代前半の方なら不安に思う必要はありません。

 

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい

人生ってホントに1度きりなんです。

私はお金も語学力もないから「日本語教師」という方法を選びましたが、海外生活してみたいという方、方法はいくらでもあります!

 

やらないで後悔するより、やって後悔したほうがいい

 

月並みですが、私の好きな言葉です。できれば後悔したくないですけどねwでも、やりたいことがあるのにチャレンジしなかったら、その後も何もできないままです。

何かと理由をつけて行動せずにあきらめるのは、もったいないですよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

日本語教師 海外求人の探し方

さて、無事に日本語教師の資格を取得したら、次は求人への応募です。 「日本語教師の海外求人ってどうやって探すの?」 そもそも英語もでけへんし、 […]

日本語教師 就職先や給料は?

「日本語教師って興味はあるけど、実際、需要ってあるの?」   確かに興味はあるけど、自分にできるかどうか、生活していける給料なのか […]

韓国 会話指導ビザ

海外で働く場合、必ずビザが必要なのはご存知でしょうか。 海外で就職先は決まったものの、ビザを取るために何を準備すればいいのか不安ですよね。 […]